2017年度スローガン

百花繚乱~ 豊かなこころと笑顔のために挑戦 ~

理事長所信

2017年度理事長伊藤 康晴
百花繚乱~ 豊かなこころと笑顔のために挑戦 ~
一般社団法人旭青年会議所は、1967年の創立以来長きにわたり地域の皆様に支えていただき、 また、諸先輩方の弛まぬ努力のおかげで、昨年、創立50周年を迎えることができました。50年の間に御協力頂いた、 全ての方々に深く敬意を表し、心より感謝を申し上げます。

50年の歴史を踏まえたうえで、我々は更なる躍進をしなければなりません。 今できることは何なのか、やらなければいけないことは何なのか、各々が考え行動しなければなりません。 各会員の職責の遂行、経験を生かしたサポート、すべてが一般社団法人旭青年会議所の活性化に繋がり、 個人のスキルアップになります。「個から広める和」として青年会議所で学んだことを、職場や地域に広めることで 旭市の活性化の一助となるようにします。

私は青年会議所とは、人と人との繋がりだと考えます。 笑顔のもとに人は集まる。私が思う人間の最大の魅力は『笑顔』です。十人十色の最高の笑顔を引き出すことは 簡単ではありませんが、そのために我々は、未来を創る子供たちがより住みたくなる町づくりの実現、不況を乗り越え 経済発展に後れを取らぬ経営力の育成、組織構築リーダーシップの勉強を通した指導力の育成、SNSやHPでの 事業参加募集、事業活動報告などの迅速化、理事会の改革を推し進めながら、「前人未到の事業への挑戦」 「達成困難な事業への挑戦」等、目的意識をはっきりと持ち、意味と価値のある時間を過ごします。 そして、お互いの理解を深め、新たな魅力を探求し、協力を惜しまず切磋琢磨して、本当の仲間となれる関係を 構築していきます。きっとその努力が豊かなこころに繋がり最高の笑顔を生むはずです。 「社会への奉仕」「個人の修練」「世界との友情」という三信条のもと志を持った若者が活動している青年会議所に おいて、貴重な体験や勉強をすることのできる時間、より多くの仲間と知り合い同じ時間を過ごすことができること、 これはかけがえのない財産になります。メンバー一丸となって取り組まなくてはならない会員拡大においては、 このことを念頭に置いて新しい仲間の入会を実現していかなくてはなりません。 一般社団法人旭青年会議所メンバー、並びに関わった全ての人々が満面の笑顔を出せるよう、胸を張って自分が 1番楽しかったと最後に言えるよう、1年間挑戦していきましょう。

  • 【 基本方針 】
  • ◆会員の拡大
  • 「会員拡大に近道なし」この言葉の表す通り、会員拡大委員会を中心にメンバー一丸となって、誠意と熱意をもって勧誘をする。また、オブザーバーが参加しやすい事業を行います。
  • ◆未来の創造
  • 「子供たちの笑顔のために」我々の育ってきた旭市の、古き良きもの「魅力」を再認識して、未来に繋いでいく事業を行います。
  • ◆総務事務、広報活動の強化
  • 確実性、明確性、効率性を高めることで事務を強化し、LOMの運営を円滑にする。ホームページの更新など広報活動の強化を行います。
  • ◆経営力の開発
  • 刻一刻と変化する経済状況に対応する、若き経営者に必要とされる経営力アップにつながる事業を行います。
  • ◆指導力の開発
  • 組織におけるリーダーシップ、資質向上など指導者として必要な行動力、判断力の向上につながる事業を行います。
(一社)旭青年会議所 総務広報委員会
このサイトに記載されている内容の転記又は引用はお断りいたします。

PAGE TOP